万葉集全釈(492)

田部忌寸櫟子(たべのいみきいちび)が太宰に任じられた時の歌四首
四九二 衣手(ころもで)に取りとどこほり泣く子にもまされるわれを置きていかにせむ  舎人吉年(とねりのよしとし)

衣の袖に取りすがって泣く子ども以上に悲しむ私を置いて、あなたはどうするのでしょう。

田部忌寸櫟子が太宰府に転勤することになって、舎人吉年(女性)が別れを悲しんで読んだ歌である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック