アクセスカウンタ

八王寺だより

プロフィール

ブログ名
八王寺だより
ブログ紹介
新潟県を中心とした短歌結社「日本海」に所属し、40年近く短歌を詠んできました。詩は高校時代から書き始めて「新潟詩人会議」に所属。燕三条FMラジオはーとで、「首藤隆司歌集より」という短歌随想の朗読を始めて12年。「首藤隆司の童謡・唱歌」という歌番組を始めて11年、溜まった原稿、録音をブログに掲載しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
早朝ウォーキング
早朝ウォーキング 東は朝焼け 西は残月 ウォーキングの友 我が家のヤブラン ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/13 11:32
職場の教養から「私の手元にやってくるまで」
職場の教養から「私の手元にやってくるまで」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「私の手元にやってくるまで」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/10 17:39
(235)私の好きな近代短歌
正しきを正しとなして言い放つ清(さ)やけき童らが眸はたのまん  岩間正男  正しいことを正しいと遠慮なく言い放つ子どもの瞳は頼もしい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/05 15:52
万葉集全釈(470)
悲しみの気持ちがまだやまず、更に作った歌五首 四七〇 かくのみにありけるものを妹(いも)も我も千歳(ちとせ)のごとく頼みたりけり ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/03 11:04
河川公園にユウスゲの花
河川公園にユウスゲの花 県央大橋の下、河川公園にユウスゲの花が咲いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/28 21:41
ウォーキングの仲間
ウォーキングの仲間 交通公園の遊歩場を早朝ウォーキングしていると逢う雉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/27 16:42
首藤隆司の童謡・唱歌「知床旅情」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 第476回(2018年7月26日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは、首藤隆司です。  燕市の中之口川にかかる「県央大橋」の袂に、2年前までハマナスの花壇があり、美しい赤い花が咲いていましたが、何故か植え替えられてしまいました。新潟県ではもうハマナスの花を終わりましたが、北海道の知床では今が盛りではないでしょうか。今日は「知床旅情」を歌いましょう。作詞、作曲は俳優の森繁久弥です。1965年(昭和40年)、森繁自身... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/26 16:20
職場の教養から「看板を磨く」
職場の教養から「看板を磨く」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「看板を磨く」朗読 首藤隆司 画像をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 14:02
私の好きな近代短歌(234)
雨しぶく夜半の帰りを駅の灯に横顔てられ妻の待ちいる    岩間正男  激しい雨の降る夜遅く、駅の明かりに横顔を見せて、妻が私の帰りを待っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/23 09:14
万葉集全釈(469)
四六九 妹(いも)が見しやどに花咲き時は経ぬ我が泣く涙いまだ干なくに 妻が見た我が家の庭に花が咲いてから日が経った。私の泣く涙はまだ乾かないのに。    し=過去 ぬ=完了 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/22 17:04
職場の教養から「ラーメン店に通う理由」
職場の教養から「ラーメン店に通う理由」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「ラーメン店に通う理由」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/21 21:04
職場の教養から「母の笑顔」
職場の教養から「母の笑顔」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「母の笑顔」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/18 15:49
首藤隆司の童謡・唱歌「てるてる坊主」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 第474回(2018年6月28日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは、首藤隆司です。  南の方から梅雨が近づいてきました。私は、日本一雨の降らない香川県で育ったので、雨は苦手です。今日は、雨が降らないように祈る歌「てるてる坊主」を歌いましょう。子どものころ、運動会や遠足の前の日、てるてる坊主を作って軒先につるし、今は亡き母と一緒にこの歌を歌ったことを、懐かしく思い出します。作詞は浅原鏡村、作曲は中山晋平です。19... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/15 16:26
日報カルチャー教室で「緑のそよ風」
日報カルチャー教室で「緑のそよ風」を歌いました。 バリトン独唱 首藤隆司 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 11:37
(233)私の好きな近代短歌
霜ぞらにたばこのけむり吐くときにひと日のきおい崩れゆくらし    岩間正男  一日の仕事が終わって、霜が降りそうな寒い夜、煙草を吸うと、今日一日の張り詰めた気持ちが崩れていくようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 16:21
万葉集全釈(468)
四六八 出でて行く道知らませばあらかじめ妹(いも)を留めむ関も置かましを もしあの世へ出て行く道を知っていたならば、あらかじめ妻を留めておく関所を置いておきたかったのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 22:03
職場の教養から「その道七十年」
職場の教養から「その道七十年」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「その道七十年」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 14:18
(232)私の好きな近代短歌
四十万教員の団結をはばむもの何ぞかえりみてむらむらとわく思いあり    岩間正男  四十万人の教員の団結を阻むものは何か。顧みると胸に、むらむらと湧く思いがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 09:26
万葉集全釈(467)
反歌 四六七 時はしも何時もあらむを心痛くい行く我妹(わぎも)かみどり子を置きて  死ぬという時は何時でもあるだろうに、私の心を悲しませて逝く我が妻か、幼い子を残して。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/03 16:14
首藤隆司の童謡・唱歌「赤いサラファン」
首藤隆司の童謡・唱歌「赤いサラファン」 燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 第473回(2018年6月14日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは首藤隆司です。   6月になりました。皆さんのところに、結婚式の案内は来ていませんか。6月というのは、結婚式の多い月です。それは何故か。ヨーロッパやアメリカにジューンブライド(6月の花嫁)という言葉があります。ヨーロッパやアメリカでは、4月はまだ寒く、6月になると気候も暖かになり、天気もよくなって、花も咲き、結婚するのにいい季節になります。日本で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 09:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

八王寺だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる