アクセスカウンタ

八王寺だより

プロフィール

ブログ名
八王寺だより
ブログ紹介
新潟県を中心とした短歌結社「日本海」に所属し、40年近く短歌を詠んできました。詩は高校時代から書き始めて「新潟詩人会議」に所属。燕三条FMラジオはーとで、「首藤隆司歌集より」という短歌随想の朗読を始めて12年。「首藤隆司の童謡・唱歌」という歌番組を始めて11年、溜まった原稿、録音をブログに掲載しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
首藤隆司の童謡・唱歌「揺籃のうた」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 第496回(2019年5月23日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは首藤隆司です。  八百屋さんの店先に「枇杷」が並んでいます。枇杷の実を見ると、私は「揺籃のうた」を思い出します。2番の歌詞に「枇杷の実が揺れるよ」とあるからです。3番の歌詞にある「木ねずみ」というのを、ねずみが木に登るのかと思っていました。40年ほど前、コーラスでこの歌を練習していたとき、何か変だなと思って辞書を引いてみたら、栗鼠のことだと分かり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/19 13:55
私の好きな現代短歌(252)
「社会党書記長個人」ということば混迷の世の流行語となる   岩間正男 「社会党書記長個人」という言葉が、混迷の社会の流行語になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/13 11:01
職場の教養から「千人の先祖を思う」
職場の教養から「千人の先祖を思う」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「千人の先祖を思う」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/11 15:36
万葉集全釈(490)
吹芡刀自(ふぶきのとぢ)の歌二首 四九〇 真野(まの)の浦の淀の継橋(つぎはし)心ゆも思へや妹(いも)が夢(いめ)にし見ゆる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/07 11:11
職場の教養から「朝の体操」
職場の教養から「朝の体操」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「朝の体操」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/27 16:48
首藤隆司の童謡・唱歌から「鎌倉」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」から「鎌倉」 バリトン独唱 首藤隆司 第495回(2019年5月9日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは首藤隆司です。  すっかりいい季候になり、旅に出かけたくなりますね。鎌倉へ出かけてみませんか。今日は、年輩の方には懐かしい文部省唱歌「鎌倉」を歌いましょう。歌詞は東京帝国大学教授の芳賀矢一が、小学6年生の国語教科書、「読本六」に書いたものです。作曲者はまだ分かっていません。1910年(明治43年)発行の「尋常小学唱歌」に発表されまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/26 16:51
職場の教養から「とりあえず」
職場の教養から「とりあえず」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「とりあえず」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/24 10:23
私の好きな現代短歌(251)
引揚げ船いくつか還るそが中にもしや弟がと思うしばしば    岩間正男  引き揚げ船がいくつか還ってきたが、その中にもしや弟が元気でいるのではないかと、度々思う。   一九四五(昭和二〇)年秋、南洋や大陸に派遣されていたたくさんの兵隊や民間人が、船で日本に引き揚げてきた。その船を引き揚げ船と呼んでいた。正男の弟は徴兵されて南洋の方へ派遣されていたが、まったく音信不通だった。しかし一九四七(昭和二二)年、戦死の公報がはがきで届いた。  「二月十日比島ピナッポ山麓に戦死す」と伝えしのみの短き葉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/22 10:44
万葉集全釈(489)
鏡王女(かがみのおほきみ)が作った歌一首 四八九 風をだに恋ふるはともし風をだに来むとし待たば何か嘆かむ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/05/21 10:10
でぃふろいで257号
でぃふろいで257号 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/11 10:58
首藤隆司の童謡・唱歌「さくら」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/09 17:45
憲法記念日。九条を護りましょう。
憲法記念日。九条を護りましょう。 画像をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/05/03 13:02
職場の教養から「誰もが研究者」
職場の教養から「誰もが研究者」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「誰もが研究者」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/05/01 14:04
万葉集全釈(488)
額田王(ぬかたのおほきみ)が、近江天皇(おほみのてんおう)を思って作った歌一首 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/29 15:11
私の好きな現代短歌(250)
井戸水に豆腐を冷やし妻の待つ夕餉というに帰り来にけり かにかくに年祝ぎせんとひと握りのごまめは妻のもとめ来しもの ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/26 14:13
職場の教養から「雨の日の撮影」
職場の教養から「雨の日の撮影」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「雨の日の撮影」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/25 16:02
首藤隆司の童謡・唱歌「春よ来い」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/22 20:48
万葉集全釈(487)
四八七 近江路(あふみぢ)の鳥籠(とこ)の山なる不知哉川(いさやがわ)日(け)のころごろは恋ひつつもあらむ 近江路の鳥籠山を流れるいさや川の「いさ」のように、どうなるか分からないが、しばらくは恋しく思いながら過ごすのでしょう。 いさ=さあどうなるか分からない 日のころごろ=しばらく ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/16 17:06
(249)私の好きな近代短歌
百合一輪買い来て妻が瓶にさす奢りといわば言うを得べきか   岩間正男  この食糧難の時代に、妻が一輪の百合を買ってきて、瓶に生けてある。贅沢というならそうかも知れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/12 11:20
万葉集から「令和」
万葉集第五巻 梅花の歌三十二首 序 天平二年正月十三日、帥(そち)の老の宅に卒(あつ)まるは、宴会を申(の)ぶるなり。時に初春の令(よ)き月にして、気淑(よ)く風和み、梅は披(ひら)く、鏡の前の粉を、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/01 13:18

続きを見る

トップへ

月別リンク

八王寺だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる