万葉集全釈(484)

万葉集第四巻
相聞(さうもん)
難波の天皇の妹が、大和にいた兄の天皇に奉った御歌一首
四八四 一日(ひとひ)こそ人も待ちよき長き日(け)をかくのみ待たばありかつましじ
一日なら人も待つことができるが、長い日々をこんなに待っていたら生きていることができないでしょう。
相聞=親しい人の間でやりとりする歌、恋の歌が多い かつ=できる ましじ=~ないだろう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック