万葉集全釈(481)

死んだ妻を悲しんで高橋朝臣(たかはしのあそみ)が作った歌一首と短歌を添えた
四八一 白たへの 袖さし交(か)へて なびき寝し わが黒髪の ま白髪(しらか)に なりなむ極(きは)み 新(あら)た世に ともにあらむと 玉の緒の絶えじい妹(いも)と 結びてし ことは果たさず 思へりし 心は遂げず 白たへの 手本(てもと)を別れ にきびにし 家ゆも出でて みどり子の 泣くをも置きて 朝霧の おほになりつつ 山背(やましろ)の 相良山(さがらやま)の 山のまに 行(ゆ)き過ぎぬれば 言はむすべ せむすべ知らに 我妹子(わぎもこ)と さ寝しつま屋(や)に 朝(あした)には 出で立ち偲(しの)ひ 夕べには 入り居(ゐ)嘆(なげ)かひ わき挟(ばさ)む 子の泣くごとに 男(をとこ)じもの 負ひみ抱(むだ)きみ 朝鳥の 音(ね)のみ泣きつつ 恋ふれども 験(しるし)をなみと 言問(ことと)はぬ ものにはあれど 我妹子(わぎもこ)が 入りにし山を よすかとぞ思ふ

袖を交わし心通わせて一緒に寝、私の黒髪が真っ白になる際まで、新しい世を一緒にすごそうと、生きていた妻と約束したことを果たさず、思っていたことも遂げず、私のそばを離れ、慣れ親しんだ家からも出て、赤子が泣いているのも置いて、朝霧のようにぼんやりとなりながら山城の相良山の山の間に行ってしまったので、どう言えば良いか、どうすれば良いか分からないで、妻と寝ていた家を朝は出て偲び、夜には入って座って嘆き、脇にいる子が泣く毎に男だが背負ったり抱いたりして、声に出して泣きながら、恋しく思ってもどうにもならず、物を言うものではないが、妻が入ってしまった山を、妻を思う縁としよう。

白たへの=衣、袖などの枕詞 なびく=心を通わせる にきびにし=慣れ親しんだ
おほに=ぼんやりと 男じもの=男ではあるが 朝鳥の=音などの枕詞 験をなみと=効果がないので よすか=よすが

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック