私の好きな現代短歌(182)

健かに居りて病まねど居るままに居りておのづから老いてゆくべし     佐藤佐太郎
 病気もしないで健やかに過ごしているが、こうやって日々を過ごしながら自然と年老いていくのだろう。

 何度か病気も体験しながら、健康を取り戻し、淡々と平穏な日々が過ぎていく。蛇崩坂の散歩も季節の花々を眺めながら楽しんでいる。短歌からはのんびり過ごしているように思えるが、実際は編集などで忙しかった。
 花移り花替りゐる道のべに薔薇の命はいくばく長し
 ぎんなんのつぶれて匂ふ道をゆく蛇崩坂も寒くなりたり
 篁(たかむら)のうちに音なく動く葉のありて風道の見ゆるしづけさ
 まだ寒く余光をふくむ棕櫚の木の梢を見つつ坂より帰る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック