アクセスカウンタ

八王寺だより

プロフィール

ブログ名
八王寺だより
ブログ紹介
新潟県を中心とした短歌結社「日本海」に所属し、40年近く短歌を詠んできました。詩は高校時代から書き始めて「新潟詩人会議」に所属。燕三条FMラジオはーとで、「首藤隆司歌集より」という短歌随想の朗読を始めて12年。「首藤隆司の童謡・唱歌」という歌番組を始めて11年、溜まった原稿、録音をブログに掲載しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
(203)私の好きな近代短歌
生(あ)れ替るこの世とぞ思うひたぶるに働くものはいのち明るし  岩間正男  日本の社会はこれから生まれ変わるのだ。一生懸命働く生命は明るいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 09:24
万葉集全釈(430)
四三〇 八雲さす出雲の児らが黒髪は吉野の川の沖になづさふ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 14:50
職場の教養から「仕事の後始末」
職場の教養から「仕事の後始末」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「仕事の後始末」 画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 10:24
首藤隆司の童謡・唱歌「蛙の笛」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 第453回(2017年8月10日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは首藤隆司です。  田圃の稲が元気よく育っています。夜になると、蛙の合唱がうるさく聞こえます。今日は作詞 斎藤信夫、作曲 海沼 実の「蛙の笛」を歌いましょう。1946年(昭和21年)4月、教員を退職し、これからの生活をどうしようかと悩んで、夜眠れなかった斉藤信夫の耳に蛙の合唱が聞こえ、この詩が生まれました。8月に、海沼 実が曲をつけ、川田正子の歌で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/10 17:26
(202)私の好きな近代短歌
連絡会議にまからんとして邦楽座前の長きながき行列をわれの横切る   岩間正男  連絡会議に出席しようと来てみると、邦楽座の前に長い長い行列が出来ている。食糧を求める人たちだ。その行列を横切って会場に入った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/07 15:47
万葉集全釈(429)
溺死した出雲娘子(いづもをとめ)が吉野で火葬にされた時、柿本朝臣人麻呂が歌二首 四二九 山の間(ま)ゆ出雲の児(こ)らは霧なれや吉野の山の嶺にたなびく ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/06 21:13
職場の教養から「朝のラッシュ」
職場の教養から「朝のラッシュ」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「朝のラッシュ」朗読 首藤隆司 画像をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 09:48
(201)私の好きな現代短歌
きびしさの熄(や)むとなければつくづくと見呆けつつおり瓶(びん)の冬草 岩間正男 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/31 08:41
万葉集全釈(428)
土形娘子(ひぢかたのをとめ)が泊瀬(はつせ)の山に火葬された時に、柿本朝臣人麻呂が作った歌一首 四二八 こもりくの泊瀬の山の山のまにいさよふ雲は妹(いも)にかもあらむ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 21:27
職場の教養から「利根川東遷事業」
職場の教養から「利根川東遷事業」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「利根川東遷事業」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 13:50
首藤隆司の童謡・唱歌「宵待草」
首藤隆司の童謡・唱歌「宵待草」 燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/27 09:01
スマイル短歌会で「我は海の子」
スマイル短歌会で「我は海の子」を唄いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/24 10:20
職場の教養から「梅雨を晴れやかに」
職場の教養から「梅雨を晴れやかに」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「梅雨を晴れやかに」朗読 首藤隆司 がぞうをクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/21 23:15
私の好きな近代短歌(200)
日ぶくれの夜具をのべつつかにかくに過ぎしひと日をかえりみんとす     岩間正男  昼間お日様に干してふくれた布団を敷きながら、何とか無事に終わった今日を振り返ってみている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/21 09:08
万葉集全釈(427)
田口広麻呂(たぐちのひろまろ)が亡くなった時に、刑部垂麻呂(おさかべのたりまろ)が作った歌一首 四二七 百足(ももた)らず八十隈坂(やそくまさか)に手向(たむ)けせば過ぎにし人にけだし逢はむかも ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/19 14:33
職場の教養から「紫陽花の季節」
職場の教養から「紫陽花の季節」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「紫陽花の季節」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすると拡大します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/14 15:48
「三条短歌会」で「海」
「三条短歌会」で「うみ」を歌いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 17:55
「三条短歌会」で「うみ」を
「三条短歌会」で「うみ」を歌いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/11 09:58
(199)私の好きな現代短歌
声高にまこと足らざるくさぐさの歌ありしかな思いみんとす  岩間正男  いい気になって、誠意のこもっていない短歌をたくさん詠んで来てはいなかっただろうか。振り返ってみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 10:42
万葉集全釈(424)
ある本の反歌二首 四二四 こもりくの泊瀬娘子(はつせをとめ)が手に巻ける玉は乱れてありと言はずやも   泊瀬娘子が手に巻いている玉は乱れていると言うではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 21:26

続きを見る

トップへ

月別リンク

八王寺だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる