テーマ:佐藤佐太郎

私の好きな現代短歌(193)

運動のために玄関に転ぶなどいよいよ老いて能力のなし   佐藤佐太郎  運動のため、散歩に出ようとして玄関で転んだりして、いよいよ老いて能力がなくなった。  一九八七(昭和六十二)年、佐太郎七十八歳。五月には肺炎と腸捻転を併発して、転院。五月末に退院して自宅に帰った。六月再発。七月脳梗塞。八月八日、東京澁谷セントラル病院で永眠。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(192)

よもすがら月あきらけき夜なりしがしづかに明けて朝を迎ふる   佐藤佐太郎  一晩中月の明るい夜だったが、静かに夜が明けて、朝を迎えた。  一九八六(昭和六十一)年、いよいよ体力の衰えた佐太郎は、七月はほとんど寝たまま過ごし、九月の歌会が最後の出席となった。十二月に「佐藤佐太郎自選歌抄」(角川書店)を刊行。二十二日、千葉の恵天堂に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(191)

坂道を掃くごとく射す西日あり長きわが影ふみて帰り来  佐藤佐太郎  まるで坂道を掃くかのように斜めに西日が射していて、私は自分の長い影を踏んで、散歩から帰ってきた。  佐太郎は足腰が弱り、日課の散歩の距離も短くしたが、健康のために散歩は続けていた。散歩を詠った短歌がたくさん残っている。  日々あゆむ遊歩道にて川音の近く聞こゆる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(190)

指や手のぎこちなくして寒き日々つぶさに老の冬を迎ふる  佐藤佐太郎  指や手が寒さでかじかんで、間違いなく老いの冬がやってきた。  七十五歳の佐太郎は、老いを深めながらも作歌、執筆を進め、歌会にも出席した。健康のための散歩は、寒い冬も、暑い夏も続けていた。  よく晴れし初冬山茶花輝きて黄のしべけぶる短き時間  おもむろに寒さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(189)

見る力衰へてゆくゆふぐれの路傍の席をたちて帰らん    佐藤佐太郎  視力の衰えていく夕暮れ、道ばたのベンチから立ち上がって、帰ろう。  歳をとると、眼の水晶体が濁って、白内障になる。夕方あたりが薄暗くなると物が見えにくくなる。  一九八五(昭和六〇)年、佐太郎は七十六歳。次第に活動力は衰え、この年は入門書「短歌を作るこころ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(188)

指や手のぎこちなくして寒き日々つぶさに老の冬を迎ふる   佐藤佐太郎  指や手が寒さでかじかんで、間違いなく老いの冬がやってきた。  七十五歳の佐太郎は、老いを深めながらも作歌、執筆を進め、歌会にも出席した。健康のための散歩は、寒い冬も、暑い夏も続けていた。  よく晴れし初冬山茶花輝きて黄のしべけぶる短き時間  おもむろに寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(187)

豆柿も棕櫚も小鳥の運びたるものと知るわれ木々はしけやし   佐藤佐太郎  豆柿も棕櫚も小鳥が運んできたのだと知っている私には、これらの木々がいとおしい。  植えた覚えのない豆柿や棕櫚が庭に育っている。これは小鳥が種を運んできたものだ。植物の中には、実を小鳥に食べさせて、種を遠くに運んで糞として落としてもらって子孫を増やすものがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(186)

陽光はふたたび深し年替りやうやく長き光を受くる    佐藤佐太郎  明るい日光はまた深く差し込んできた。年が替わりようやく長い日光を受けることが出来た。  一九八四(昭和五十九)年正月、佐太郎七十五歳。年末からぐずついていた天気がよくなり、新年の陽光が差してきた。前年に刊行した第十二歌集「星宿」に迢空賞が贈られた。健康のための散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(185)

朝さめてこの世に老いし人ひとりにれ噛むごとく夢をはかなむ    佐藤佐太郎  朝目が覚めると、私はこの世に生きる一人の老人だ。見ていたはかない夢を反芻している。  七十四歳の佐太郎の、老人生活の悲哀が、ありのままに詠まれていく。若い人には実感が湧かないかもしれないが、同年配になった私には、身につまされる歌だ。視力が低下し、足腰が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(184)

蘇東坡が潮にかくるる椰子の木を詩によみし島われは見が欲し  佐藤佐太郎  蘇東坡が満ち潮になると海に隠れる椰子の木を漢詩に詠んだ海南島を私は見たい。  十一世紀の中国の詩人、蘇東坡を尊敬していた佐太郎は、一九八三(昭和五八)年、七十四歳で中国海南島の蘇東坡ゆかりの地を旅する。その喜びが短歌にあふれている。  蘇東坡は海南島を詩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(183)

さとりてもこれにてよしといふ事の無き奥行に常にこだはる   佐藤佐太郎  新しい境地に到達しても、これでよいということのない奥深いものにいつもこだわっている。  一道を極めた芸術家は、いつもこの思いを抱いているのだろう。だからこそ常人の到達し得ない境地に入ることが出来る。幾歳になっても飽くなき好奇心、探求心を失わないことが大切な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(182)

健かに居りて病まねど居るままに居りておのづから老いてゆくべし     佐藤佐太郎  病気もしないで健やかに過ごしているが、こうやって日々を過ごしながら自然と年老いていくのだろう。  何度か病気も体験しながら、健康を取り戻し、淡々と平穏な日々が過ぎていく。蛇崩坂の散歩も季節の花々を眺めながら楽しんでいる。短歌からはのんびり過ごして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(181)

風のふくとき空深き音のする樟(くす)の若葉をたたずみて聞く   佐藤佐太郎  風の吹くとき、楠の下に立つと、若葉を吹く風の音が空に深く聞こえる。  楠は寒さに弱い樹なので、新潟ではあまり見られないが、太平洋側の関東以西では街路樹や学校、公園の植木などによく使われている。神社などには大樹がある。微かな樟脳の香りがして葉を吹く風の音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(一八〇)

日ごとなる散歩にいでて或る範囲より遠くまで行くこともなし  佐藤佐太郎  毎日散歩に出ているが、範囲を決めていて遠くまで行くということはない。  七十四歳の佐太郎は、健康を維持するために娘さんに付き添ってもらいながら毎日の散歩を続ける。しかし、体力に合わせて歩く距離は短くした。  風向きにかかはりなけれどわが運ぶ足弱くして遠く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(179)

道ゆきて今われの眼のあかるきは二日体操せしゆゑならん   佐藤佐太郎  道を歩いていて目がよく見えるのは、ここ二日間体操をしたからだろう。  一九八三(昭和五十八)年、佐太郎七十四歳。健康に気をつけた佐太郎は、元気を取り戻す。この年、また中国海南島に旅行し、蘇東坡ゆかりの地を巡った。第十二歌集「星宿」「佐藤佐太郎書画集」を刊行。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(178)

何もせず居りて気づけば衰老を悲劇的ならしむる夜の寒さは  佐藤佐太郎  何もせずにいて気がつくと、衰えた老人をつらくさせるのは夜の寒さだ。  この気持ちは、現在80歳の私にもよく分かる。年とともに寒がりになって、厚着をするし、暖房も早く使うようになって、家族にあきれられている。寒い夜は、足が冷えて暖まらず、頻尿になって、夜中、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(177)

みづからの作れる歌をあるときは撫(な)づるごとくに半日すごす  佐藤佐太郎  あるときは、自分の作った歌を取り出し、撫でるように読み返して、半日を過ごすこともある。  半世紀以上短歌を作り、短歌に関係した仕事を続け、言ってみれば短歌の一生だった。自分の作った歌は、自分の産み落とした子どものようなもの。読み返しているうちに気がつく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(176)

わが生は年老いてかかる哀あり風のふく日はあゆみ進まず  佐藤佐太郎  長い人生を生きてくると、年老いてこんな哀しみを味わう。風の吹く日は前へ進めない。  一九八二(昭和五七)年、佐太郎七十三歳。病気ではないが体力が衰え、日課にしていた散歩も出来なくなってきた。病気ではないが寝床を敷きっぱなしで、寝たり起きたりしている。窓から、庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(175)

検眼をして渋谷より帰り来る煙霧のごとき老境われは   佐藤佐太郎  目がよく見えなくなって、渋谷へ検眼に行ってきた。視野だけでなく、まるで煙霧のような老境にいる私は。  歳をとってくると、目の水晶体が弾力を失い、焦点を合わせにくくなる老眼になるだけでなく、ほとんどの人が水晶体に濁りの出来る白内障になる。病気というよりは老化現象で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(174)

その枝に花あふれ咲く雪柳(ゆきやなぎ)日々来るわれは花をまぶしむ   佐藤佐太郎  枝に花があふれ咲いている雪柳。それを毎日見に来る私には、花がまぶしい。  雪柳の咲く春から始まって、佐太郎の日課である散歩は、夏、秋へと続く。  道のべに十株ほどの金盞花(きんせんか)かがやきて春晴はいま風に随(したが)ふ  夏あさく街路樹の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(173)

昼も夜もしばしば広き道を行くクリスマス前後の町の寂しさ  佐藤佐太郎  昼も夜も、何度か広い道を通った。クリスマス前後は町が寂れている。  老いの歌が多くなっている佐太郎だが、この年アメリカのロサンゼルスも訪れている。日本なら、クリスマス前後、街は大売り出しや酔っぱらいでにぎわうのだが、欧米ではクリスマスは敬虔な宗教行事で、家庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(172)

桂林の朝くらき空風音のする山々のかたちするどし  佐藤佐太郎  桂林の朝、まだ暗い空に風の音がして、山々の形が鋭く見える。  一九八二(昭和五七)年、二年ぶりに七十四歳でまた中国を訪問している。桂林はおもしろい形の山が林立している観光の名所だ。海底がそのまま隆起した地層だそうで、海底の山がそのまま陸上ににょっきりと出現した。あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(171)

やむを得ずおもむろにゆくわが歩みのみならず速かにあらぬ飲食(おんじき) 佐藤佐太郎  歳をとったので、やむを得ずゆっくりと歩く私は、歩みだけでなく飲食もゆっくりでないと出来なくなった。  高齢になると、素早く動くことができなくなる。歩みがのろくなるだけでなく、飲食もなかなかてきぱきと進まなくなる。もどかしく思いながら、佐太郎はそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(170)

眼をとぢて臥しゐし夜の六時間なりゆきのまま眠り得ずして   佐藤佐太郎  夜の六時間を、目を閉じて横になっていた。眠れないままなりゆきにまかせて。  歳をとってくると、睡眠時間が短くなり、眠りが浅くなり、眠れなくなる。始めのうちは、眠れないことを気にして焦るが、だんだん慣れてくると、眠れなくても横になっていれば体は休まると考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(169)

きたへんとしたるわが足日々弱く救ひがたくして道にかなしむ  佐藤佐太郎  鍛えようと毎日散歩をしているが、その足も救いがたく、日々弱くなって散歩をしながらも悲しい。  一九七五(昭和五十)年、六十六歳の時脳梗塞で倒れ、そのリハビリのため、蛇崩坂の散歩を始めたのだったが、あれから六年、七十二歳になった佐太郎はさすがに体力の衰えを感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(168)

路地にゐる犬を怯れて進み得ぬまで年老いて衰へにけり   佐藤佐太郎  散歩道の途中にいる犬が恐くて先へ進めないほど、年を取って衰えてしまったなあ。  まだ海外旅行をするほど気力はあるのだが、体力は間違いなく衰えていく。若い時から犬は好きなのだが、うっかり近づいて、飛びつかれたりすると、転んで大変なことになる。警戒して犬には近づか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(167)

定陵の音なき地下を出でて来てわが寂しさをいかに遣らはん   佐藤佐太郎  明の第十四代皇帝、万暦(ばんれき)帝の陵墓「定陵」を見学し、無音の地下を出てきたが、このやりきれない寂しさを、どう紛らわせようか。 十六世紀、明の万暦帝は国の財力も考えず、生前から自らの陵墓建設に銀八百万両をつぎ込み、明滅亡の遠因を作った。その壮大な構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(166)

蘇東坡の掘りたる井戸は八百年いま学校の屋内にあり  佐藤佐太郎  蘇東坡が掘った井戸が、八百年たった今も学校の屋内に残っている  蘇東坡(そとうば)は本名を蘇軾(そしょく)といい、十一世紀中国の官僚であり詩人で、「赤壁の賦」を書き残したことで有名である。佐太郎は、蘇東坡を清廉潔白な人として尊敬していた。何度も中国を旅しているが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(165)

喜ばず蔑まず見よ香煙を掌(て)に受けてその身いたはる姿   佐藤佐太郎  喜んだり軽蔑したりしないでごらんなさい。老人がお寺の線香の煙を掌に受けて、それを自分の体にこすりつけている姿を。  よくお寺で見る風景である。私などは「そんなことをしても効果はないだろう」と思いながら、微笑ましい気持ちで見ているが、佐太郎は、老いの現実を感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の好きな現代短歌(164)

わがごときさへ神の意を忖度(そんたく)す犬馬の小さき変種を見れば   佐藤佐太郎  私のような者でも、神様はどうお考えだろうかと思ってしまう。犬や馬を小さくした変種を見ると。  人間は、自分の都合で犬や馬の変種を作り出している。佐太郎は、小さな馬ポニーやペット用の小犬を見て、人間が神の領域を侵しているのではないかと批判をしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more