万葉集全釈(406)

 娘子(むすめ)がまた応えた歌一首  四〇六 我(わ)が祭る神にはあらずますらをにつきたる神そよく祭るべし  私が祭る神ではありません。ますらおであるあなたに憑いた神ですよ、よく祭りなさい。  神の社はあなたに憑いた神(あなたの妻)ですよ、奥さんを大切にと赤麻呂をからかった歌。

続きを読む

万葉集全釈(405)

 佐伯宿祢赤麻呂が更に贈った歌一首  四〇五 春日野に粟蒔けりせば鹿(しし)待ちに継ぎて行かましを社(やしろ)し恨めし  春日野に粟を蒔いてあったら、鹿が来るのを待ちに何度も行きたいのに、神の社が恨めしい。   粟に逢ふを掛け、鹿待ちは恋人を待つ、社は娘の親を指す。

続きを読む

万葉集全釈(404)

 娘子(をとめ)が佐伯宿祢赤麻呂(さへきのすくねあかまろ)に報(こた)えて贈った歌一首  四〇四 ちはやぶる神の社(やしろ)しなかりせば春日の野辺に粟蒔かましを  神の社でなかったなら、春日の野辺に粟を蒔きましたのに  ちはやぶる=神の枕詞 し=強め せば=もし~だったら 粟蒔かまし=逢はましと同じ意味で、逢いたかったという意味  神の社とは赤麻呂の妻を意味する。奥さんがいらっしゃらなかったら逢いたかったという歌。娘子も赤麻呂もどういう人物であるか分からない。

続きを読む

万葉集全釈(403)

 大伴宿祢家持(おほとものすくねやかもち)が同じ坂上家の大嬢に送った歌一首  四〇三 朝に日(け)に見まく欲(ほ)りするその玉をいかにせばかも手ゆ離(か)れずあらむ  朝も昼も見ていたいその玉を、どうすれば手から離れないでいられるだろうか。  大嬢=長女 玉=宝石 大嬢のこと かも=疑問 ゆ=から らむ=推量  後にこの二人は結婚した。 

続きを読む

万葉集全釈(402)

大伴宿祢駿河麻呂がすぐに合わせた歌一首  四〇二 山守はけだしありとも我妹子(わぎもこ)が結ひけむ標を人解かめやも  山守はたとえいるにしても、あなたが結んだ締め縄を他の人が解くでしょうか。  けだし=もし 我妹子=親しい女性のことをこう呼ぶ けむ=過去推量 やも=疑問  坂上郎女の恋の失敗を慰めている歌

続きを読む

万葉集全釈(401)

 大伴坂上郎女(おほとものさかのうへのいらつめ)が親族と宴会をした日に吟じた歌一首  四〇一 山守(やまもり)のありける知らにその山に標結(しめゆ)ひ立てて結ひの恥しつ 山守がいることを知らないで、その山に標縄を張って、恥をかいてしまいました。 男性を山に例え、その妻を山守に例え、結婚している男性に求婚した事を恥じている歌。

続きを読む

万葉集全釈(400)

 大伴宿祢駿河麻呂(おほとものすくねするがまろ)の梅の歌一首  四〇〇 梅の花咲きて散りぬと人は言へど我が標(しめ)結(ゆ)ひし枝ならめやも  梅の花が咲いて散ったと人は言うけれど,私が印を結んだあの枝ではないはずだ。  やも=反語~だろうかいやそうではない  花が散ったとは、結婚したという意味。私が約束していた娘が他人と結婚した。  

続きを読む

万葉集全釈(398)

 藤原朝臣八束(ふぢはらのあそみやつか)の梅の歌二首  三九八 妹(いも)が家に咲きたる梅のいつもいつもなりなむ時に事は定めむ  あなたの家に咲いた梅が、いつでもよい実になった時、事を決めましょう。  娘さんの母親に、娘さんが成熟したら結婚を申し込みますと申し入れる歌。

続きを読む

万葉集全釈(397)

 三九七 奥山の岩本菅(いはもとすげ)を根(ね)深めて結びし心忘れかねつも  山奥の岩の元にある菅のその根のようにあなたと深く結んだ心を忘れかねています。

続きを読む

万葉集全釈(396)

 三九六 陸奥(みちのく)の真野の草(かや)原遠けども面影にして見ゆといふものを  陸奥の真野の萱原は遠いけれども面影に見えるというのに。(あなたは見えない。)

続きを読む

万葉集全釈(393)

 満誓沙弥(まんぜいさみ)の月の歌一首  三九三 見えずとも誰(たれ)恋ひざらめ山の端(は)にいさよふ月を外(よそ)に見てしか  見えなくても誰が恋しないだろうか。山の端でためらっている月を遠くから見たいものだ。  恋ひざらめ=恋しないだろうか、いや恋をする 見てしか=見たい  まだ会ったことのない噂の美人を見たいという歌。

続きを読む

万葉集全釈(392)

 大宰大監大伴宿祢百代(だざいのだいけんおほとものすくねももよ)の梅の歌一首  三九二 ぬばたまのその夜の梅をた忘れて折らず来にけり思ひしものを  あの夜の梅を折るのを忘れて来てしまった、折ろうと思っていたのに  ぬばたまの=夜の枕詞  梅花の宴で会った美女と関係を結びたかったのにそれが出来なかったというのだろう。

続きを読む

万葉集全釈(389)

 反歌  三八九 島伝ひ敏馬(みぬめ)の崎を漕ぎ廻(み)れば大和恋しく鶴(たづ)さはに鳴く  島伝いに敏馬の崎を漕いで廻っていくと大和が恋しく、鶴がたくさん鳴いている。  さはに=数多く たくさん  右の歌は若宮年魚麻呂(わかみやのあゆまろ)が暗唱していた。但しまだ作者は分からない。

続きを読む

万葉集全釈(388)

 旅の歌一首 短歌を併せた 三八八 わたつみは くすしきものか 淡路島 中に立て置きて 白波を 伊予に 廻(もと)ほし 居待ち月 明石の門(と)ゆは 夕されば 潮を満たしめ 明けされば 潮を干(か)れしむ 潮さゐの 波を恐(かしこ)み 淡路島 磯隠(かく)り居て 何時しかも この夜の明けむと さもらふに 眠(い)の寝(ね)かてねば 滝の上の 浅野のきぎし 明けぬとし 立ちさわくらし いざ子ども あへて漕ぎ出む にはも静けし  海は不思議なものだ。淡路島を中に立て置いて、白波を四国に巡らし、明石海峡からは,夕方になると潮を満たし、朝になると潮を引かせる。潮騒の波を恐れて、淡路島の磯に隠れていて、何時になったら夜が明けるのだろうと様子を窺って寝る事も出来ないで居ると、早瀬のそばの野原の雉が,夜が明けたと騒いでいるようだ。さあみんな、思い切って漕ぎ出そう。海面も静かだ。  わたつみ=海 くすし=ふしぎ もとほす=廻す 居待ち月=明石にかかる枕詞  ゆは=からは 潮さゐ=潮が立ち騒ぐこと さもらふ=様子を窺う 滝=早瀬 浅野=草の短い野原 きぎし=雉 あへて=無理に には=海面

続きを読む

万葉集全釈(380)

 反歌  三八〇 木綿(ゆふ)たたみ手に取り持ちてかくだにも我(われ)は祈(こ)ひなむ君に逢はじかも  木綿畳を手に持ってこんなにも私は祈っていましょう。それでもあなたに逢えないのでしょうか。  木綿たたみ=神に祈るとき手に持つ木綿を折りたたんだもの   右の歌は、天平五年の冬十一月、大伴氏の氏神を祭った時にかりそめにこの歌を作った。そこで神を祭った歌というのである。 

続きを読む

万葉集全釈(379)

 大伴坂上郎女(おほとものさかのうへのいらつめ)が神を祭った歌一首 短歌を併せた  三七九 ひさかたの 天(あま)の原より 生(あ)れ来たる 神の命(みこと) 奥山の 賢木(さかき)の枝に しらかつく 木綿(ゆふ)取り付けて 斎瓮(いはひへ)を 斎(いは)ひほりすゑ 竹玉を しじに貫き垂れ 鹿(しし)じもの 膝折り伏して たわやめの おすひ取りかけ かくだにも 我(あれ)は祈(こ)ひなむ 君に逢はじかも    高天原から生まれてきた神さま、奥山の榊の枝に木綿を取り付け、神さま用の食器を地面に掘り据えて、竹玉をたくさんぶら下げて、鹿の様に膝を折り曲げて,か弱い女が礼服を被って、こんなにも私は祈っているのに,あの人に会えないのでしょうか。  ひさかたの=天にかかる枕詞 しらかつく=木綿の枕詞 斎瓮=神事用の土器 竹玉=竹を輪切りにしたものをたくさん紐に通した縁起物 たわやめ=か弱い女 おすひ=礼装の被り物 君=誰のことか不明

続きを読む

万葉集全釈(372)

 山部宿祢赤人(やまべのすくねあかひと)が、春日野に登って作った歌一首 短歌を併せた  三七二 春日(はるひ)を 春日(かすが)の山の 高座(たかくら)の 三笠の山に 朝去らず 雲居たなびき かほ鳥の 間なくしば鳴く 雲居なす 心いさよひ その鳥の 片恋のみに 昼はも 日のことごと 夜(よる)はも 夜(よ)のことごと 立ちて居て 思ひそ我(あ)がする 逢はぬ児(こ)ゆゑに  春日山の三笠山に、朝毎に雲がたなびき、かほ鳥が絶え間なくしきりに鳴く。雲の様に心が迷い、その鳥の様に片思いばかりして、昼は昼中、夜は夜中立ったり座ったりして私は物思いをしている、逢ってくれないあの娘のために。  春日を=春日の枕詞 高座の=三笠の枕詞 去らず=離れない かほ鳥=不明 カッコウか しば鳴く=しきりに鳴く いさよふ=ためらう 片恋=片思い ことごと=すべて 居る=座る  

続きを読む

万葉集全釈(369)

 併せた歌一首  三六九 もののふの臣(おみ)の壮士(をとこ)は大君の任(ま)けのまにまに聞くといふものそ  天皇の臣下である者は、天皇の任命にそのまま従うものだということですよ。  もののふの=武士、臣などの枕詞 臣=天皇の臣下 壮士=一人前の男子 任け=任命 まにまに=そのまま 聞く=人の言葉に従う  右は、作者はまだ明らかではない。しかし、笠朝臣金村(かさのあそみかなむら)の歌の中に出ている。

続きを読む

万葉集全釈(368)

 石上大夫(いそのかみだいぶ)の歌一首  三六八 大船に真梶しじ貫き大君の命恐(みことかしこ)み磯廻(いそみ)するかも  大船に左右の梶を取り付け、天皇のご命令を謹んでお受けし海岸を巡っていく。  真梶=左右の梶 しじ貫く=たくさん取り付ける 命=命令 恐む=謹んで受ける  磯廻=浜を廻る かも=詠嘆

続きを読む

万葉集全釈(367)

 反歌  三六七越の海の手結が浦を旅にして見ればともしみ大和偲ひつ  越の海の手結が浦を旅先で見ると羨ましくて大和の妻を偲んだ。  ともしみ=羨ましいので つ=完了  手結という地名が、「我が紐を妻が手で結ぶ」ことを思わせて羨ましいというのだ。

続きを読む

万葉集全釈(365)

 三六五 塩津山(しほつやま)打ち越え行けば我(あ)が乗れる馬そつまづく家恋ふらしも  塩津山を越えて行くと、私の乗った馬がつまずく。馬も家を恋しがっている様だ。  そ=強め   つまずくのは、馬が家を恋しがっているという解釈と、家の者が旅人のことを思っているからだという解釈がある。

続きを読む

万葉集全釈(364)

 笠朝臣金村(かさのあそみかなむら)が塩津山で作った歌二首  三六四 ますらをの弓末(ゆずゑ)振り起こし射つる矢を後(のち)見む人は語り継ぐがね 勇ましい男が弓の先を振り起こして射た矢を、後の世に見る人が語り継いで欲しい。 塩津山=滋賀県長浜市にある山 ますらを=勇者 がね=願望  昔、男は自分の武運や旅の無事を祈って、道の木などに矢を射てそのままにする習慣があった。笠金村は塩津山で旅の無事を祈って、立ち木に矢を射たのだろう。

続きを読む