アクセスカウンタ

八王寺だより

プロフィール

ブログ名
八王寺だより
ブログ紹介
新潟県を中心とした短歌結社「日本海」に所属し、40年近く短歌を詠んできました。詩は高校時代から書き始めて「新潟詩人会議」に所属。燕三条FMラジオはーとで、「首藤隆司歌集より」という短歌随想の朗読を始めて12年。「首藤隆司の童謡・唱歌」という歌番組を始めて11年、溜まった原稿、録音をブログに掲載しています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
第九を楽しく歌おう会
第九を楽しく歌おう会 今年の練習が始まりました。新曲、がんばりましょう。 画像をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/12 13:59
職場の教養から「使う前よりも綺麗に」
職場の教養から「使う前よりも綺麗に」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「使う前よりも綺麗に」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/11 11:03
首藤隆司の童謡・唱歌「埴生の宿」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 第487回(2019年1月10日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは、首藤隆司です。  明けましておめでとうございます。皆さまにとって良いお正月だったでしょうか。今年も政治や社会問題、天候気候でいろいろと問題がありそうですが、平和で豊かな世界を築くために、みんなで力を合わせましょう。今日はお正月らしく、狭いながらも楽しいわが家を歌った「埴生の宿」を歌いましょう。埴生の宿というのは、泥で作った粗末な家という意味です... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/10 13:49
(247)私の好きな近代短歌
焼けビルの内らにともす灯影ありたしかに人の棲みつけるらし   岩間正男  空襲で焼けたビルの窓に灯影が見える。たしかに人が住み着いたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/08 13:22
万葉集全釈(484)
万葉集第四巻 相聞(さうもん) 難波の天皇の妹が、大和にいた兄の天皇に奉った御歌一首 四八四 一日(ひとひ)こそ人も待ちよき長き日(け)をかくのみ待たばありかつましじ 一日なら人も待つことができるが、長い日々をこんなに待っていたら生きていることができないでしょう。 相聞=親しい人の間でやりとりする歌、恋の歌が多い かつ=できる ましじ=〜ないだろう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/07 16:56
職場の教養から「いつもの笑顔で」
職場の教養から「いつもの笑顔で」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「いつもの笑顔で」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/04 16:26
(246)私の好きな近代短歌
せまりいる飢餓を思うとき額よりまなぶたより汗のしたたりやまず      岩間正男  国民に迫っている飢餓を思うと、国民の代表として国会議員をしている自分の重い責任を感じ、額から瞼から汗がしたたって止まらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/03 13:53
万葉集全釈(483)
四八三 朝鳥(あさどり)の音(ね)のみし泣かむ我妹子(わぎもこ)に今また更(さら)に逢ふよしをなみ 声に出して泣こう。私の妻に今更にまた逢う方法がないのだから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/02 22:20
職場の教養から「速さより早めに」
職場の教養から「速さより早めに」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「速さより早めに」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/28 11:06
首藤隆司の童謡・唱歌「蛍の光」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 第486回(2018年12月27日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは首藤隆司です。  いよいよ今年も終わります。大企業は歴史上最高の利益を上げたようですが、我々庶民の不景気は回復しませんね。あなたにとっては幸せな年だったでしょうか。来年こそ、世界中の人々にとって、平和で幸せな年でありますようにと、祈らずにはいられません。  今日は、2018年(平成30年)を送るために「蛍の光」を歌いましょう。曲はスコットラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/27 10:17
(245)私の好きな近代短歌
どた靴の組と呼ばれつつ議員われ今日新しき靴をもらいぬ   岩間正男  国会内では「どた靴組」と呼ばれている私に、今日新しい靴が支給された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/26 13:02
職場の教養から「衣替えと身だしなみ」
職場の教養から「衣替えと身だしなみ」 燕三条FMラジオハート「職場の教養」から「衣替えと身だしなみ」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/24 16:22
万葉集全釈(482)
反歌 四八二 うつせみの世の事なれば外(よそ)に見し山をや今はよすかと思はむ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/23 21:54
スマイル短歌会で「冬景色」
スマイル短歌会で「冬景色」を歌いましたバリトン独唱 首藤隆司 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/22 19:45
職場の教養から「雨だからこそ」
職場の教養から「雨だからこそ」 燕三条FMラジオハート「職場の教養」から「雨だからこそ」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/20 13:53
(244)私の好きな近代短歌
目をさえぎる物とてもなき廃墟の上国会議事堂のありて聳ゆる   岩間正男  目をさえぎる物もない廃墟の上に、国会議事堂がそびえ立っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/18 17:03
万葉集全釈(481)
死んだ妻を悲しんで高橋朝臣(たかはしのあそみ)が作った歌一首と短歌を添えた 四八一 白たへの 袖さし交(か)へて なびき寝し わが黒髪の ま白髪(しらか)に なりなむ極(きは)み 新(あら)た世に ともにあらむと 玉の緒の絶えじい妹(いも)と 結びてし ことは果たさず 思へりし 心は遂げず 白たへの 手本(てもと)を別れ にきびにし 家ゆも出でて みどり子の 泣くをも置きて 朝霧の おほになりつつ 山背(やましろ)の 相良山(さがらやま)の 山のまに 行(ゆ)き過ぎぬれば 言はむすべ せむすべ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/17 15:50
職場の教養から「共感から始まる」
職場の教養から「共感から始まる」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「共感から始まる」朗読 首藤隆司 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/14 15:48
首藤隆司の童謡・唱歌「ペチカ」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 第485回(2018年12月13日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは首藤隆司です。  いよいよ押し詰まってきました。今年はあなたにとってどんな年だったでしょうか。よかった方も、悪かった方も、来年こそは幸せな年にしたいものですね。外は寒いですが、せめて家の中は家族仲良く暖かい家庭でありたいものです。今日は北原白秋作詞、山田耕筰作曲の「ペチカ」を歌いましょう。この歌は、1924年(大正13年)に、当時日本が植民地としていた中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/13 11:35
万葉集全釈(480)
四八〇 大伴の名に負ふ靫(ゆき)帯びて万代(よろづよ)に頼みし心いづくか寄せむ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/12 16:42

続きを見る

トップへ

月別リンク

八王寺だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる