私の好きな現代短歌

戦争をこばみ得ざりし口惜しさが今日の新しき決意となる          岩間正男  太平洋戦争を拒否できなかった悔しさが、戦争反対の今日の新しい決意となった。  一九四九(昭和二四)年、米ソ冷戦が激化し、平和を願う世界の人々が危機感を持つ。フランスの科学者ジョリオ・キュリーなどが、「世界平和会議」の開催を呼びかけ、日本にも招待状が届く。労農党の大山郁夫を団長とする日本代表団が結成され、正男も選ばれた。しかしフランス政府は日本代表団の入国を許可しなかった。  パリよりの入国査証を待つわれら日々にあふれくる決意しずめて  「戦争はもうごめんです」というこの子の顔の歪みは見のがしかねつ  母を呼び死にゆきにける兵士らにいまぞ応えんとこの母のさけび

続きを読む

501万葉集全釈

 柿本朝臣人麻呂(かきのもとあそみひとまろ)の歌三首 五〇一 娘子(をとめ)らが袖布留山(そでふるやま)の瑞垣(みづかき)の久しき時ゆ思ひきわれは  娘たちが袖を振るという袖布留山の神社の瑞垣のように長い間あなたのことを恋しく思っていましたよ私は  「娘子らが袖布留山の瑞垣の」までが、「久しき」を導き出す序詞である。神社の瑞垣は長い時を経ているから。  ゆ=~から き=過去

続きを読む

私の好きな現代短歌258

進まねば退ぞくほかないところまでぎりぎりぎっちゃくのそのところまで   岩間正男  情勢は逼迫し、一歩踏み出さなければ退歩するギリギリの所まで来ている。  教員組合の代表として参議院議員になり、教育・文化政策を中心に活動を続けてきたが、政治全般の問題が危機に瀕し、議員個人の活動ではどうにもならないことに気づいた。議員活動を通じて、共産党の政策が自分と一番一致することを実感し、誘われて入党を決意する。まだ「アカ」「国賊」の偏見が強い一九四九(昭和二四)年二月だった。  たかぶりもためらいもなしと言わば言い過ぎんこの夜入党宣言をひとり書きつつ  入党をかつて戒めこし母の手紙かかるよろこびを知りたまわねば  蚊帳の闇に煙草ひからせいる夜半の思いに沁みて鳴く虫もなし

続きを読む