万葉集全釈(493)

四九三 置きて行(ゆ)かば妹(いも)恋ひむかもしきたへの黒髪敷きて長きこの夜を 田部忌寸櫟子(たべのいみきいちひ)

置いて行ったならば、あなたは恋しがるだろうか。黒髪を敷いて寝る長いこの夜を。

かも=疑問 しきたへの=黒髪の枕詞 黒髪敷きて=女性が一人で寝る様子

この記事へのコメント