万葉集全釈(490)

吹芡刀自(ふぶきのとぢ)の歌二首
四九〇 真野(まの)の浦の淀の継橋(つぎはし)心ゆも思へや妹(いも)が夢(いめ)にし見ゆる

真野の浦の淀み掛かる継ぎ橋のように、続けて心に懸けてくれているからだろうか、あなたが夢に見えるのは

刀自=年配の女性の尊称 継橋=板をつないだ橋 ゆ=~によって や=疑問 し=強め
夢に見えるのは、相手が私を思っているからだと古代の人は信じていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック