首藤隆司の童謡・唱歌「さくら」

燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」


バリトン独唱 首藤隆司

第493回(2019年4月11日)
首藤隆司の童謡・唱歌
 こんにちは首藤隆司です。
 各地の桜だよりがうれしい4月です。もうお花見の計画はお決まりですか。私はいつも、自転車に乗って通りがかりの燕市体育館、児童公園の桜を横目に見るだけでお花見は終わりです。満開の花の下でお酒を飲んで歌を歌うような花見は、若い方々にお任せします。今日は、作詞者、作曲者共に不明の歌「さくら」を歌います。この歌は大昔から伝わった歌だと思われていますが、実は1888年(明治21年)東京音楽学校発行の「箏曲集」に載せられました。お琴を勉強した人はご存じですが、琴の弦を順番に引くとこのメロディーになります。お琴の練習曲として作られたもののようです。今は小学4年生の教材として歌われています。今日は、山田耕筰の編曲で歌います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック