万葉集全釈(415)

 挽歌(死者を哀悼する歌)
 上宮聖徳皇子(かみつみやのしやうとくのみこ)が、竹原の井へ出掛けられた時に、立田山の死人を見て悲しみ傷んでお作りになった歌一首(小墾田宮(をはりだのみや)で天下を治められた天皇の時代、豊御食炊屋姫天皇(とよみけかしきやひめのすめらみこと)・諱(いみな)は額田,諡(おくりな)は推古)
 四一五 家ならば妹(いも)が手まかむ草まくら旅に臥(こ)やせるこの旅人あはれ

 家だったら妻の手を枕にするだろうに、旅で遺体を横たえているこの旅人は可哀想だ。

 手まく=手を枕にする 草まくら=旅の枕詞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック