私の好きな現代短歌(164)

わがごときさへ神の意を忖度(そんたく)す犬馬の小さき変種を見れば   佐藤佐太郎
 私のような者でも、神様はどうお考えだろうかと思ってしまう。犬や馬を小さくした変種を見ると。

 人間は、自分の都合で犬や馬の変種を作り出している。佐太郎は、小さな馬ポニーやペット用の小犬を見て、人間が神の領域を侵しているのではないかと批判をしている。今は、それどころではない。家畜のクローンから始まり、人間のクローンもいつでも作れるところまで来ており、人工受精も卵子を取り出し受精させ、他人の腹を借りて出産させることも行われるようになっている。臓器移植も進み、進歩する技術をどこまで許すか、倫理の問題になっている。
 きはまれる青天はうれひよぶならん出でて歩めば冬の日寂し

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック