万葉集全釈(194)

 柿本の朝臣人麻呂が、泊瀬部(はつせべ)の皇女・忍坂部(おさかべ)の皇子に奉った歌一首、短歌もつけて
一九四 飛ぶ鳥の 明日香の河の 上(かみ)つ瀬に 生ふる玉藻は 下(しも)つ瀬に 流れ触(ふ)らふ 玉藻なす か寄りかく寄り 靡(なび)かひし 嬬(つま)の命(みこと)の たたなづく 柔膚(やははだ)すらを 剣刀(つるぎたち) 身に副(そ)へ寐(ね)ねば ぬばたまの 夜床も荒るらむ(荒れなむ) そこ故に 慰めかねて けだしくも 逢ふやと念(も)ひて(君もあふやと) 玉垂(たまだれ)の 越智(をち)の大野の 朝露に 玉裳(たまも)はひづち 夕霧に 衣は濡れて 草枕 旅宿(たびね)かもする 逢はぬ君ゆゑ 

 飛鳥川の瀬に生えている美しい藻のように、なよなよと靡く妻の柔肌に添って寐ることもないので、寝床は荒れているだろう。妻の君は心を慰めかねて、ひょっとして逢うこともあるかと思って、お墓のある越智の大野で朝霧や夕霧に着物も濡らしながら旅寝をなさっている。君に逢わないのに。

 飛ぶ鳥の=明日香にかかる枕詞 触らふ=触れている たたなづく=幾重にも重なる 剣刀=身にかかる枕詞 ぬばたまの=夜にかかる枕詞 けだしくも=あるいは 玉垂れの=「お(緒)」にかかる枕詞 玉裳=美しい着物 ひづ=濡れる
泊瀬部の皇女は、亡くなった川島の皇子の妃 忍坂部の皇子は川島の皇子の弟。川島の皇子が、妻と別れてお墓の中でよく寝られないだろう、妻の泊瀬部の皇女は、ひょっとしたら皇子に会えるのではないかとお墓のある越智の大野で野宿をなさっていると、柿本人麻呂が詠んだ歌。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック