私の好きな近代短歌(222)

茱萸(ぐみ)の葉の白くひかれる渚みち牛ひとつゐて海に向き立つ  古泉千樫

 グミの葉が白く光っている渚の道に牛が一頭いて、海の方を向いて立っている。

 千樫は農家の生まれで、幼い頃から牛の世話をしてきた。千樫にとって牛は、身近で親しみを持った対象だった。したがって牛を詠んだ歌が多い。
 グミの葉は固く、裏が白い。風が吹くとそれが白く光る。海辺の道に牛が一頭、のっそりと立って、じっと海の方を見ている。牛の絵が得意だった坂本繁二郎の油絵を見るような情景だ。
 牛は、深遠な哲学者を思わせる。大きな目は深い色に澄んで、宇宙の真理についてじっと考え込んでいるかのようだ。
 ふるさとの春の夕べのなぎさみち牛ゐて牛のにほひかなしも

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年03月11日 17:38
山古志の牛たちの目は優しくもあり、哀しくもあり、怒ってもいました。
首藤
2012年03月11日 22:30
かおたいまきしん様
山古志の牛に成り代わって詩を詠みたいですね。
2018年03月02日 10:18
______________________________
_____________________________________________
___________________________
_D.________
2018年03月06日 00:57
Howdy______________________________________
_______________________________
_________2______________________
________________
2018年03月07日 02:43
_________________________________________
2018年03月16日 23:08
_________________
__iPhone_____________________________
25_________________YouTube______________
__iPad___________83_________________________________
______________________

この記事へのトラックバック