アクセスカウンタ

<<  2018年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
職場の教養から「地域貢献」
職場の教養から「地域貢献」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「地域貢献」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 11:09
職場の教養から「部署では後輩」
職場の教養から「部署では後輩」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「部署では後輩」 朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 15:57
(228)私の好きな近代短歌
たじろがぬいのちをもちて真向微塵驀進しくるものに面むけて立つ   岩間正男  何者にもたじろがぬ命を持って、真正面から驀進してくる権力に向かって立ちはだかっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 15:37
万葉集全釈(462)
天平十一年の夏六月、大伴宿祢家持が亡き妻を悲しんで作った歌一首 四六二 今よりは秋風寒く吹きなむをいかにかひとり長き夜を寝む ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 14:39
職場の教養から「売り手と買い手」
職場の教養から「売り手と買い手」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「売り手と買い手」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 14:25
首藤隆司の童謡・唱歌「田植」
燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」バリトン独唱 首藤隆司 第472回(2018年5月24日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは、首藤隆司です。  今年もゴールデンウイークは国内、海外の観光旅行が大流行のようでしたが、農家のみなさんは、それどころではなかったでしょう。この連休を利用して田植えが大変だったと思います。私が子供のころは、田植えといえば6月でしたが、今は稲の品種改良の結果か、随分早くなりました。今日は、井上 赳作詞、中山晋平作曲の「田植」を歌いましょう。1941... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 15:57
スマイル短歌会で「花の街」
スマイル短歌会で「花の街」を歌いました。バリトン独唱 首藤隆司 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/16 09:16
私の好きな近代短歌(227)
固き殼やぶりて出づる新蝉(にいぜみ)のあらあらしきしぐさ思いみんとす  岩間正男  固い殻を破って出てくる新しい蝉の、荒々しい動作を思い出している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/14 09:39
職場の教養から「季節のお菓子」
職場の教養から「季節のお菓子」 燕三条FMラジオハート番組「職場の教養」から「季節のお菓子」朗読 首藤隆司 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/11 09:47
首藤隆司の童謡・唱歌「背くらべ」
首藤隆司の童謡・唱歌「背くらべ」 燕三条FMラジオハート番組「首藤隆司の童謡・唱歌」 第471回(2018年5月10日) 首藤隆司の童謡・唱歌  こんにちは、首藤隆司です。   風薫る5月になりました。格差社会になり、景気の良いところと悪いところがありますが、それでもゴールデンウイークは海外旅行も含めて、観光旅行は大変にぎわったようですね。さて、遅ればせながら5月5日は男の節句、子供の日。それを祝って「背くらべ」を歌いましょう。作詞は海野 厚、作曲は中山晋平です。「カチューシヤの歌」で一躍有名になった中山晋平が、1919... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/10 22:03
護憲意見広告
護憲意見広告 平和憲法が危なくなっています。今年も護憲意見広告に署名しました。 画面をクリックし、もう一度クリックすれば拡大します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 21:26
万葉集全釈(460)
天平七年、大伴坂上郎女(おほとものさかのうへのいらつめ)が、尼理願(あまりぐわん)が亡くなったのを悲しんで作った歌一首 短歌を併せた 四六〇 たくづのの 新羅(しらき)の国ゆ 人言(ひとこと)を 良しと聞かして 問ひ放(さ)くる 親族兄弟(うがらはらがら) なき国に 渡り来まして 大君の敷きます国に うちひさす 都しみみに 里家(さといへ)は さはにあれども いかさまに 思ひけめかも つれもなき 佐保(さほ)の山辺(やまへ)に 泣く子なす 慕ひ来まして しきたへの 家をも造り あらたまの ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 18:22

<<  2018年5月のブログ記事  >> 

トップへ

八王寺だより 2018年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる